足湯 - 足ツボのおさらい

足湯するのにツボの知識は全く不要ではありますが、こんなすごいツボがみーんな暖まっているのだなあ、と考えるのは楽しいし、そんなふうに考えていると感覚が研ぎ澄まされていくというおまけがついてきて、良いことなのです。

今回おさらいするツボは、ほんとに全部いいです。

たとえば腎経の1番、湧泉。万能選手です。これ使わないセッションってありえないくらい頻繁に使っています。湧泉の手当が不要な人なんて現代人にはいません。頭に登りがちな気を下方へ落ち着けると、気持ちが静まります。腎経が元気だと全身元気になります。気をつけていると違いがわかるようになってくるはずです。

足湯の容器を深めにしたいのは、脾経の6番、三陰交を暖めたいからです。婦人科系のトラブルによく効くというのは有名ですが、男性にもとてもよいのです。冷え、むくみ、腰痛のみなさんにもよく使っています。それに、これもじわっと元気でます。脾経の手当をすると、お腹にぐっと力が入ってくるのです。背すじが伸びます。先のことを考えてみたくなるかもしれません。

 

足の小陰 腎経1番、湧泉(ゆうせん) Kidney 1 (gushing spring, yong quan)

位置: 足の底の真ん中と思ってください。土踏まずの上部の真ん中。

効能効果: 元気が出ない、泌尿器系の問題、感情のつかえ、気絶した人の気付けに、月経の遅れなど。
K1

 

足の小陰 腎経6番、照海(しょうかい) Kidney 6 (shining sea, zhao hai)

位置: 足首の内側のぐりぐりのでっぱりから一寸下のへこんだあたりです。

効能効果: 不眠、喉の腫れ、扁桃腺、ドライアイ、目の痛み、月経不順など婦人科系の問題、足首の痛み、腫れ。

K6

 

足の厥陰 肝経3番、太衝(たいしょう) Liver 3 (great surge, tai chong)

位置: 足の親指と人差し指の間をなで上げてスペースがなくなって指が止まるところ。足の合谷と呼ばれる場所です。

効能効果: 元気をつける、アレルギー、陰気の不足、足がつる、不眠、心の悩み、肩コリ、疲れ目、頭痛。気が上へ向かって流れるのを促す。(二日酔いにも効くということなので自分の身体で人体実験をする機会を待っています。)

Liv3

 

 

足の太陰 脾経、三陰交(さんいんこう) Spleen 6 (three yin crossing, san yin jiao)

位置: 足首の内側のぐりぐりのてっぺんから3寸。多くの人で押すとちょっと痛いです。

効能効果: 出産(妊娠中は決して使わないように!)、婦人科系の痛み、気鬱、血を養う。脾、腎、肝の働きを助ける。Sp6

 

 

足の太陽 膀胱経、崑崙(こんろん) Bladder 60 (Kun Lun mountain, Kun Lun)

位置: 足首の外側のぐりぐりとアキレス腱の間のくぼみ。

効能効果: 頭痛、首のコリ、目の充血、腰痛、座骨神経痛、アキレス腱の炎症、子宮関連の問題。

Bl60

 

足の少陽 胆経、丘墟(きゅうきょ) Gall Bladder 40 (Mound of Ruins, qiu xu)

位置: 足首の外側のぐりぐりの前下側、へこんでいる場所。

効能効果: 足首をくじいた、足首の痛み、関節が弱い、筋肉がつる。胆嚢の問題、胸焼け、肩の不調、目の症状、気鬱、イライラ。

GB40

メモ&参考資料

  • ツボの名前がこんなに色々あるなんて! 学校で最初にツボに番号がふってあるのを見たときには頭が混乱して泣きそうになりました。WHO式の国際標準経穴名は、慣れると位置と経絡内での前後関係が頭に入って悪くないのですが、日本人として親しんでいる漢字のツボの名前も意味が感じられて捨てがたい。というわけでゾロゾロ書いてみました。
  • ツボの位置の画像は A Manual Of Acupunctureから拝借しました。大辞典的なサイズと内容のすごい本です。ビビらず買ってよかった一冊。アプリもあります。
  • 効能効果は学校で使っていたMcKinnon Acupressure Manualの記述に私のメモを加えたものです。このマニュアル、初心者向けにあっさりコンパクトにできていて素晴らしいのですが、残念ながら学校の外では販売されていません。

足湯 - 容器を選ぶ

DP122212-1200

足湯してください、ってしょっちゅう言っています。みなさんにおすすめしています。

なにしろ簡単ですし、安いですし、気持ちいいですし、効きます。誰にでも効果あり。(いや、ほとんど誰にでも、と言うべきでしょうね。足を温めすぎるとまずい状態の人がいるかもしれませんので、既往症のある方はお医者様にご相談の上でどうぞ。)

DP122212-detail必要な道具は足を入れる容器だけ。楽に両足が入れられて、足首から5センチくらい上あたりまで水を張っても大丈夫な深さのある桶かバケツを探してください。

ということは、です。この浮世絵にあるような伝統的な木桶では浅すぎるということです。東海道五十三次、御油の宿。絵の右端にいる男性は一日中歩いたあと、いまやっと宿屋さんに入ったところです。履き物をぬいで足を洗って。きっと桶の中に入っているのは暖かいお湯です。あーきもちよさそう。

絵の真ん中あたりでは、女中さんが旅人をかなり強引に呼び込んでいます。昔は予約システムとか旅行雑誌に広告出すとかあるわけないですから、こういう方法で営業促進をするしかなかったわけですね。

21世紀の私たちの足湯は、リラクゼーションと健康促進の効果を最大にするために、正しい大きさと深さの桶を入手することからはじめます。

たとえばこういう桶です。

0251249_PE389842_S2.JPGこれはイケア。横58センチ、縦38センチ、深さ28センチ。お値段が素敵です。$4.99。
http://www.ikea.com/us/en/catalog/products/20254232/

(アフィリエートとかやってません。これらはただの例です。リンク先からお買い上げくださっても私にはメリットありません。)

medium_yellow_compactこのバケツもいいですよ。タブトラグスのMサイズ。うちにSがあるのですけど、それではほんのちょびっと小さすぎるので、Mを推奨します。直径15.5インチということは40センチ弱。深さが約30センチ。
http://us.tubtrugs.com/collections/original/products/medium

足湯に凝るなら、お湯の温度や時間、お湯に何か入れてみる、などなど色々工夫することがあるのですが、それはまた別の機会に考えることにして、ともかくお湯に足浸けると気持ちいいから、という理由でやってみてください。今すぐ。

足のツボに関しては、次のエントリをご覧下さい。

 

メモ&参考