Blog

手前味噌を仕込みました

img_0445

とうとう完成。約10キロの発芽玄米味噌。ものすごい満足感です。

この半年くらい、じりじりと米麹造りを練習していました。最初のうちは変な顔つきのものばかり作ってしまい安定していい感じの米麹が作れるようになるまで実験を十数回繰り返しました。実家では麹を使っていなかったので暗闇手探りです。情報は主にネットから集めました。米麹は利用法がたくさんあって、出来の悪いものでも充分に使い道があり楽しかったです。

次に玄米麹に挑戦。続いて発芽玄米に挑戦。

というわけでとうとうこうやって大豆とあわせてお味噌の形になって、あーよかったーとか自分をほめてあげたいねーとか思ってます。

さて初めてだからこれで失敗するかって、しないと思うのですよ。お味噌は私が作るんじゃなくて微生物が作るんですから。家庭のキッチンではコントロールできる範囲も限られていますしどうなるかわからないのですけれど、年末に開封したら間違いなくいい感じのお味噌になっている。どういう「いい感じ」かは私が決めるんじゃなくて微生物が決める。ここ北カリフォルニアの土地と気候に合わせ、作る私の手に合わせたものができあがるはず。

伝統的な発酵の仕事ってそういうものなんじゃないでしょうか。

楽しみです。うきうき。

この半年間に試しにいくつか作ってみたお味噌の類は、観察したいのでガラス瓶に入っていて様子がわかるようになっている上、ちょこちょこ味見もしています。みんなおいしいです。仕込んで日が浅くても塩の角さえとれてくればとてもおいしい。

自分好みの味が出せるようになるほど自在にコントロールができる日が来るのかどうかわかりませんが、特徴のある日本各地のお味噌の味がどういう配合で仕込まれてどういう気候で熟成するのか、なんていうことに興味が持てるようになりました。

ところで10ヶ月待つのだと報告したら「赤ちゃんを産むみたいね」と言った友人がいます。爆笑です。いやいやそれは違うでしょう。お味噌造りは赤ちゃんのたとえを使うなら大豆と米麹と塩をあわせるセックス部分だけで、そのあと大切にお腹の中ではぐくむ作業は容器の中で微生物がやってくれるのですから。

でも新しいものが生まれるという意味ではそう思っていいのかもしれません。ますます楽しみです。

メモ&参考

  • お味噌を作りたいので米麹を自分でもやしてみたい、というお声をちょろちょろ聞くのでご参考まで。私が見た中で一番親切な説明はここにあります。ご自分のキッチンの道具で工夫しながらやってみてください。
    http://ameblo.jp/motherwater-nakaji/theme-10086903229.html
    書いている発酵冒険家のなかじさんという方は、発酵界では大変有名な方です。


I have joined the miso elite…

img_0445

I just made about 10 kg (22 lb) of miso. That’s Japanese soybean paste, the base for miso soup and countless other excellent dishes. It is an achievement for me, and is immensely satisfying. I have made experimental small batches before, but this is my first real batch!

It was a long process, maybe 6 months of learning curve. First I learned to grow  koji mold (aspergillus oryzae) on steamed white rice to make rice koji. Trial and error, working from information available on the Internet, this alone took me about a dozen tries until I was able to do it well and reliably in my kitchen. It was fun, but it was slow.

Next came trying to do the same on steamed sprouted brown rice.

Then adding soybeans to put it together in the form of miso.

The thing about miso making is that it matters much less what I do than what the mold and the enzymes do to produce the wonderfully complex flavors. Fermentation is cooking done by other creatures, not me. Doesn’t mean that it’s easy, but there’s only so much one can do to control the end result in a home kitchen.

The good news is that in most cases the microorganisms will do an excellent job. All my experimental jars have turned out nicely, despite my being a complete novice and  having no idea what to do.

If you want to learn more about koji rice, this page is a great starter resource in English.
http://www.homegrown.org/forum/topics/koji-rice-101

For those of you who aren’t Japanese, I guess this is like what people might do at the end of summer, canning tomatoes from the yard to use through the winter months. Or people curing their own meat. Or making cheese at home. It’s fundamentally not difficult, but it takes care and some time.

The miso paste that is resting in the 10 quart pot in the photo will be opened at the end of the year. It really is a slow process. A friend likened it to making a baby. It does take 10 months, but the part that I have done is only the sexual intercourse, of putting soy beans, rice koji and salt together. The actual long process of transformation is done by time and the microorganisms in the pot.

Not all Japanese households make their own miso. Like everyone else, I grew up eating mostly mass-produced varieties. I gradually learned that there are much better small-batch commercial miso out there, then later understood that people who make their own are the ones who are eating the best.

So now I have joined the miso elite.

乳がんレモン

一度見たら決して忘れないポスター。

cancerlemons

乳がんの早期発見を呼びかける画像です。見た目と感触の変化をレモンで表現。このサイトでみつけました。きれいだし役に立つ。いいですねえ。 https://www.worldwidebreastcancer.org/.

残念ながら日本語版がないようなので、訳してみました。

上の段、左から…

ぶあつい感触
へこみ
皮膚がただれる
赤くなる、熱を持っている
珍しい、あるいは初めての分泌物
えくぼ

下の段、左から…

でっぱり
血管が浮き出る
乳首が陥没
形やサイズの変化
オレンジの皮のような皮膚
奥の方にかたまり(ガンはレモンの種のようで硬くて押しても動かないことが多いです。)

 

このポスター、ここで買えます。素敵〜。

抱負、役に立つこと。

hokusai-yoga

キリン・ボディワークのサイトをどう育てていくか考えています。

役に立つサイトにしたいのです。そのためにはどんなコンテンツをためていくべきか? 日記風のことを書いていってもいいのですけれど、それで読むに耐えるほど面白くなるとも思えないし、インターネットには売り込み日記ばかりたくさんあるので…。

いくつか浮かんだよさそうなアイディアがあります。徐々に試してみますのでお楽しみに。このサイトで記事を読むのとお金を払ってセッションに来ていただくのとが同じくらい効く、という状態が理想です。

読めばよむほどどんどん健康になるサイトって、いいでしょう?

メモ: 画像は葛飾北斎ののび。さささっと描いたように見えてこのかっこよさ。

A worthy goal

hokusai-yoga

I want Kirin Bodywork’s blog and website to be useful.

What kind of contents I should be making, then? I could fill it with my day-to-day musings, but I don’t think my writing could be entertaining enough doing that, and it’s not really useful to anyone. The Internet doesn’t need yet another self-promotional diary.

There are several nice ideas right now that I have rolling around in my head. I will try them gradually. Stay tuned. I am determined to make this site at least as good as coming to see me for a session.

The more you read, the healthier you will get. That’s a worthy goal.

Note: The image is a sketch by Katsushika Hokusai, a guy stretching. Looooove the fluidity of the brushwork.

犬のマッサージ

tummyrub

うちの犬です。名前はクロンダイク。グレート・ピレニーズとアナトリアン・シェパードのミックスで体重45キロくらいあります。マッサージが大好き。毎日欠かしません。多いときには一日5回くらいやっていることも。贅沢です。犬が喜んでいるのを見るのは100%幸せですから、もちろんそれでいいのです。

今日のマッサージ師はうちのオット。胸腺のあたりと肋骨の下をやってくれという注文。私への注文は日によって違うのですが、頭と仙骨あたりをやってくれと言われることが多いです。施術者の得意分野によって使い分ける、とても優秀なお客さんです。

Klondike gets tummy rub

tummyrub.gif

This is our Great Pyrenees/Anatolian Shepherd mix, Klondike. He knows the value of regular bodywork. He gets at least one short session every day. Sometimes, he demands like five sessions a day. Of course it we’d happily oblige, because there is nothing better than watching a happy dog.

The therapist in the photo is my husband, Bill, focusing on Klon’s sternum and the area right under the ribs. That’s his specialty. I am often asked to focus on his head and sacrum. Klondike is a wise customer. He knows how to use different therapists according to their strengths.