Blog

ハンドクリームの自作

珍しくお化粧品類で遊んでいます。

3ingredientscream.jpg

ハンドクリームの自作です。
食べられる材料、たった3つだけで作りました。

いくらでもバリエーションがありそうですが、今日の実験は初回ですから手順も材料もこれ以上シンプルにならないというところから始めています。

蜜蝋 約30グラム
米油 約150グラム
水  約100グラム

蜜蝋を湯煎にかけて溶かし、ゆっくりと油を加えて温め、バーミックスでガー。ぬるま湯を加えながらまたガー。クリーム化したら清潔な容器に入れてさめるのを待つ。

最初っからこんなに素敵なものができあがるとは思いませんでした。真っ白なクリーム。軽さと重たさのバランスが私の好みドンピシャ! お湯をわかすところから終了まで30分かかりませんでした。ハンドクリームの革命です!

しばらくこれを使いながら次をどんな風に作るか考えます。アイディアいろいろ噴出中。楽しい〜!

なんでも作れば楽しいのですが、買うしかないと思っていたものを作れるようになるのはまた特別な喜びがあります。ものの仕組みを知るのは面白いし、材料の性質を学ぶのも楽しい。なにより、自分の好みにあわせて調整できるのが素晴らしいです。

そのうちまた報告しますね。

 

Homemade Hand Cream

It’s really satisfying to be able to make something that I thought could only be bought. It’s fun to learn how things are made, it’s fun to think about the ingredients. Exciting to be able to adjust to my own liking.

So. Here’s a new one.

3ingredientscream.jpg

Homemade hand cream!
Three edible ingredients only!

I am guessing there’s all sorts of variations along the same lines, but this is what I used today and how to do it. It could not be simpler.

Beeswax   1 oz
Rice bran oil    approx. 5 oz
Water    approx. 3.5 oz

Gently melt beeswax in double boiler, add oil, blend with immersion blender, add warm water gradually, blend more. Store in clean jar, let it cool.

Don’t you love it when your very first experiment turns out a glorious result? This cream has incredible texture. It’s got the right balance of lightness and richness. It didn’t take 30 minutes from start to end. This is revolutionary!

I am going to use this batch for a while and think what I want to do differently next time. Many ideas are bubbling in my head already.

Will report if I come up with something even better.

存在をおびやかされるような恐怖

img_9604s

河野智聖さんの「緊急時の整体ハンドブック」に東日本大震災のあとで避難所を回ったときの話があります。図のような硬直がある人は恐怖心が抜けにくく眠れないのでみつけたら手当をするように、とあります。(ちくま文庫「緊急時の整体ハンドブック」p. 16-17)

サンフランシスコは活断層の上にあり、いつかデカイのが来るぞと言われているので一応覚えておこうとメモを取りました。

メモしたときには参考までに、と思っていましたが、その後この硬直は何度か見ています。地震や津波ではなくても存在をおびやかされるような心配のある人には出るらしいのです。このままでは来年は仕事がなくなるかも、と心配をしていた友人には特別くっきり出ていました。

つい数日前、これを自分の背中に発見しました。私とフェイスブックでつながっているみなさんはご存じですが、サンフランシスコでひったくりにあいました。怪我はありませんでしたし、バッグは24時間後に現金等を抜かれた状態で発見されたので、被害自体は大きくなかったのですが、一度狙われたら抵抗する方法がないと思い知ったのはけっこうしんどかったらしくて、事件のあと数日間緊張していました。背中の筋を発見したのは2日目くらいです。

自分への手当はクライアントにするよりも難しいです。特にこれは背中なので身体をねじりながら同時に力を抜こうとするのは至難です。一週間経過したのでもう眠りが浅いという自覚はありませんが、私もどこかでセッション受けてきたほうがいいかもしれません。こういうことは誰かの手を借りたほうが楽に解決します。

ではまた。

メモ&参考

Existential Fear

img_9604s

Chisei Kono writes in his book about his experience while visiting refugee camps after the 2011 Earthquake and Tsunami, that there were people with muscle tension in a particular area, between the scapula and the spine (T5-8). It is a diagonal line of tension. While this line remains it is hard to sleep, and the fear does not leave. So he advises to relax it if you find it.

Since San Francisco is supposedly waiting for the next big one, I took notes, while also wondering if I’d ever see it.

I have actually seen it several times since then. It seems to appear when we have existential fear, not just from natural disasters. A particularly prominent line was on my friend’s back, who was at the time really worried if her job was going to be around for next year.

I found it on my own back several days ago. As those of you who are friends with me on Facebook know, I got my purse snatched on a San Francisco sidewalk. I wasn’t physically hurt, and the bag came back in about 24 hours (minus the cash and some other items) so the damage was minimal. But what it did was remind me of my vulnerability. The knowledge that I am basically helpless if someone decides to attack shook me. I was tense for days afterwards, and I found this line on my back maybe on the second day.

Taking care of myself is a bit harder than taking care of my clients. For one thing, this tension on my back, I cannot feel it while relaxing. Twisting and relaxing do not mix well. I don’t feel like I am sleeping badly any more probably because it’s already been almost a week, but I might as well go see someone for a good session. It’s much easier when there is help.

Notes & Reference

小豆汁

img_9266s

今日はちょっと涼しいなと思ったら小豆汁。そうしようと決めているわけではなく、ふと思い出すのです。

すぐに作ります。レシピはありません。

小豆をひとつかみ、ふたつかみ、さっと洗って鍋に入れ、水を加えて火にかける。そのときによって何か加えたりしますが、ほとんどはそれだけです。普段は穀物や豆類は全て最低でも一晩は浸水させますが、これはしません。そのまんま。今日は大笹の葉っぱ半分加えてみました。何分抽出するのか、水と豆の割合はどうなっているのかなど、全部テキトー。その日の自分に丁度いいようにできあがるんじゃないかと考えているので、確信犯的なテキトーです。

はじめての方は混乱するだけでしょうから、まあ10分くらい、ゆで汁に赤い色がつきはじめてしばらくしたらもういいかも、と覚えておいてください。あんこ煮るときには最初のゆで汁を捨てますが、小豆汁の場合はそういうことは考えません。

できあがったら暖かいうちにゆっくり飲みます。

小豆は薬効があり、最近美容に良いスーパーフードと騒がれたりしていますが、昔から腎ををサポートする食品として知られています。利尿作用があるのでむくみに効きます。女性には特に良いと言われています。そんなことはひとつも知らなくても、寒くなると欲しくなる日が増えます。手間はお茶を入れるのとほとんど変わりませんから、これからの季節ぜひ作ってみて下さい。

セッションのあとで、水のかわりにこれをお出ししている日があります。お嫌いならすっきり断ってくださいね。

汁をとったあとの小豆は、うちでは柔らかくなるまで加熱しサラダの具の一部になっていることが多いです。ご飯に炊き込んで色の薄いお赤飯になることも。テキトーです。

Adzuki Tea

img_9266s

When the weather turns cool, I think about adzuki tea. I don’t know why, but I do.

I make it immediately. There is no recipe.

One handful, maybe two handfuls of adzuki beans, depending on the size of the pot and the amount of water, rinsed, go into the pot. Add water. Maybe two cups per handful of beans. Usually I soak all my seeds at least overnight, but this is an exception. I don’t.  I might add something else to the pot, today I have added half a big bamboo leaf. But most of the time it is just beans and water. I boil it for anywhere from several minutes to 20. This vagueness is intentional. I have made this enough times that I am hoping my body knows what I need that day, and will make it like it is good. I don’t know, of course, but that’s what I think.

If this is your first time, aim for about 10 minutes of low simmer, a little after the water starts to get reddish. When you are simmering adzuki beans for cooking, Japanese recipes often tell you to throw away this initial colored water. Don’t. When you are making adzuki tea, this water is what you want.

When it is done, I drink it while it is still hot. The gentle flavor is very calming. Share it with someone you like.

Adzuki is medicinal. It is said to support the kidneys, the bladder and the reproductive system. It is known to be especially good for women. It is diuretic. You don’t need to know any of these things to like it, and to want it during the cooler months. There is not much more work to make it than making a cup of tea, so please try it!

I sometimes serve adzuki tea instead of the usual glass of water after sessions. If you don’t like the flavor, please just tell me so.

What do I do with the cooked beans? Most often, they get cooked further until soft and go into a salad the next day. No big deal.

あきらめてはいけない

 

NY Postの記事です。背中が曲がって立てなくなっていた85歳のおばあさんが、素晴らしいヨガの先生に出会ってピンシャンした話。これを「ヨガってすごい」とか「奇跡は起きるのだ」という話としてではなく(いやそれもそうなのですが)、ダメだと思っているものでもひょっとすると変わるかも、という例として読んでいただけたらなと思います。

私も自分の身体にあちこち改善したいところがあります。ひょっとすると、と希望を持って工夫をすることにします。

++++++++

hunchback

Don’t give up!

Had to share this, from NY Post. This woman is 85, see how much she’s straightened out. I have read this story as a reminder that things that might seem irreversible, might not be. The story goes beyond this one charming yoga instructor causing miracles. Miracles are probably everywhere, if we have the inclination to reach for it.

I’ve got some things that I’d like to change for my own body. HOPE!

 

++++++++

hunchback

 

ツボは標準化されている

前々から、ツボの位置を説明する本の書き方がみんなあまりにテクニカルというか普通の人間の言葉ではないのを不思議に思っていました。英語も日本語もそうなのです。専門用語を使ったらそうなる、という以上にカターイ雰囲気が酷似しているのです。不親切だから人間にわかる言葉で書き直しましたが、これはひょっとすると…。

やっぱりそうでした。

WHOがツボと経絡を標準化しています。どの本もそこからツボの名前と位置を引用しているのです。 WHO Standard Acupuncture Point Locations in the Western Pacific Region。最初何語で書かれたかはわかりませんが、公式翻訳本も出ています。日本語版はWHO/WPRO標準経穴部位 日本語公式版という名前です。

WHOがわざわざツボの位置を標準化するほど伝統医療に興味があるなんて!

最初聞いたときには驚きました。でも考えてみればそれほど不思議なことでもないような。WHOみたいな組織じゃなきゃこういうことはできませんし。どうやってそれぞれの「正しい」意見をまとめていくのか。とてつもなく大きな仕事だったろうなと想像します。国と派閥を超えた先生方の意見をとりまとめるのはさぞかし骨の折れることだったでしょう。その上歴史的に位置が違ったりもしたのではないかと想像できます。

下の画面写真はアマゾンです。現在英語版は絶版になっているらしく、200ドルからと書いてありました。中を見ると出てます出てます、おカタい説明が。しかしね、こういう難しいものをあえて人類の共通の資産として作ろうという気概に免じて、読みにくさは許していいと思うのですよ。

WHOacupoints.png

Standardized Acupoints

I have wondered now and then why the description of the location of these points in various books sounded so very technical. They are not just technical, they are often dry. Even Japanese sources are strangely similar in their dryness. There are easier, friendlier ways to describe body parts, even when you are using technical language. Why make it harder to read for normal human beings?

Now I know.

WHO has a publication called WHO Standard Acupuncture Point Locations in the Western Pacific Region, and the language in that book is dry. It’s the source everyone is quoting from. I found the Japanese official translation of it too. There must be many other language versions.

Is it surprising to you that WHO has standardized the point locations?

It was to me, when I first heard about it. But it makes sense. It must have been a huge undertaking, in that a large number of experts in different countries and schools needed to come to an agreement. There was probably historic variation, too.

The screenshot below is from Amazon. The book is out of print and costs 200 dollars at least at the moment. You can see the way the points are described. Oh, so, impersonal. But I think we should forgive them for sounding a bit too technical and lofty, on the grounds that the compilation of this book was very likely an extremely difficult task. It’s useful for all beginning and intermediate learners, and wouldn’t have gotten done without someone like WHO.

WHOacupoints.png